前へ
次へ

生活すべてが教育になります

教育というと学校教育しか思い浮かばない、という親はいないと思います。家庭でも子どもに何かを教えることはできますし、そもそも大人でも日々学ぶことばかりのはずです。日々の生活自体が教育だと言ってもいいでしょう。例えば、食事の作法です。箸をきちんと持てないと親のしつけが疑われてしまう、などとよく言いますが、大人が子どもの箸の持ち方すら見てやれない家庭なのか、と思われてしまうということでしょう。食事は毎日栄養を摂る大事な時間で、その食べ物がどこからきたのか、誰が作ったり、育てたりしているのかを学ぶ時間でもあります。もちろん行儀作法を学ぶ時間でもあり、親が子どもの生活態度を見てあげるチャンスでもあるのです。例えば箸が持てないということで、「この人は親に何も教わっていない」「食事作法すら教えられない親だったのか」と思われてしまうかもしれません。「食さえ教えられない家庭では、ほかのしつけもできていないだろう」ということになってしまいます。

Page Top