前へ
次へ

2020年に小学校の英語教育が変わります

2020年という節目には、日本の小学校における英語教育が大きく変わります。その内容について、詳しく見ていくことにしましょう。まず、小学校3年生より英語の授業がスタートします。従来は小学校5年生から始まっていた英語の授業が、3年生と早まったことでより充実した内容となりました。ことばを覚えることには体験が必要ということもあり、体験を通じて幅広く学ぶことができるようになったことは、特筆すべき点であります。また、日本人の教師だけではおぼつかないということもあり、外国人講師を定期的に招聘することで、英語に親しむための工夫がなされています。さらに、英語は耳で聞いて覚えることが習得の近道ということで、リスニングを強化することに力を入れています。ネイティブスピーカーである外国人講師より正しい英語の発音についての教育を受けることで、英語力をメキメキと伸ばすことができる、画期的な教育方針を導入しているのです。

Page Top