前へ
次へ

こどもが夢中になれることと教育

こどもそれぞれ個性があり、夢中になって取り組めることを見つけると、集中力の高さに驚く親もいます。夢中になって取り組めることを学校教育などで、見つけられる場合もありますし、私生活で見つけることができる可能性があります。親がこどもと一緒に遊びに出かけたり、旅行に行くなど、いろんな経験をさせてあげる中で、こどもが体験したことをきっかけに、夢中になれることを見つけられる場合があります。いろんな習い事がある中で、ユニークな習い事を見つけるなど、教育に関して柔軟に考えて、学べる機会を与えていくことも大切です。絵を描くことやものづくりなど、意外なことをきっかけに、こどもが夢中になって取り組むことができるものを見つけることができる場合があります。学校の勉強のやる気がなかなか出てこない場合でも、いろんな経験をした結果、夢中になれるものを見つけて、自分で積極的に辞書を観るなどして、調べることも考えられます。

Page Top